カナエルノート

50代のキレイ・楽しいを叶えるヒント

運転免許を自主返納したくない高齢父との戦い

ãç»åããªã¼ç´ æãè人é転ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

同居の高齢の実父

 

父は78歳、無類の車好きです。

東京モータショーへも、毎回行っています。

 

娘が小さい頃に父が誇らしげに買ってきたおもちゃは、

フェラーリの足漕ぎ車でした。

 

 

昔から、気に入った車を買って、磨いて、車庫にしまう。

大きなミニカー感覚で、手入れをして愛でる。

他人から見たら、いい趣味かもしてませんが、

なんの断りもなしに、勝手に車を買ってくる、家族にとっては迷惑な父です。

 

父所有の車は、2台

軽自動車と外車のオープンカー

 

高齢者の事故が連日ニュースになって、75歳を過ぎたあたりから

免許の返納を勧めています。

因みに母は70歳で返納しました。

 

 

説得に応じない父

 

返納の勧めに応じないので、

  • できる限り、運転させない
  • 運転するときは、一人にならないように誰かが同行する

上記のことをするようにしていました。

 

 

説得が難しいわけ

 

  • 今までの自らの運転の歴史に自信がある
  • 自分だけは大丈夫という自信がある
  • 説得に対して、逆切れして、話し合いにならない
  • 日常生活と運転が常体化している

 

自営業で仕事もプライベートも常に移動手段は自家用車だったので、

公共交通機関での移動に馴染みがなく、余計に返納のハードルが高くなっていました。

 

 

返納の代替手段

 

父が少し、返納へ気持ちが傾きだした頃に

父の友人が、「返したらダメだよ。二度と取れないんだから。」と余計な助言をして返納への道は、閉ざされました。

 

この問題が長引けば長引くほど

高齢ドライバーの事故のニュースが他人事ではないように感じて、悩みも深くなって行きました。

 

考えた末、

今年2台とも車検を迎えるので、車を手放す提案にしぶしぶ了承を得ました。

 

手放すまでの間も、車の運転は極力控える約束もさせました。

 

 

まとめ

 

ご家族に高齢ドライバーがいて、対応に困っているお宅も多いと思います。

我が家も、数年かかりで説得を続けています。

 

我が家の場合は、

 

  •  親の宝物を奪う
  • 親のプライドを打ち砕く

説得役のわたしは、罪悪感との戦いの日々でもありました。

 

特にスポーツカーは、外車のスポーツカーのオーナーになるのが夢だった。

コレが人生で最後の車になる。とよく語っていました。

思い入れの強さも知っていただけに辛くもありました。

 

父は、宝物の車を手放すとことは、了承しましたが

その相手は、自分で探すと言って譲りませんでいた。

この話し合いから数ヶ月、こう着状態が続きました。

 

     ・・・つづく

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村