カナエルノート

50代のキレイ・楽しいを叶えるヒント

熟年夫婦の緊張感

f:id:kokoronote:20210922073343j:image

 

来月で結婚して32年

知り合ってからは40年が経ちます

 

わかったつもりで案外わかっていない

夫は超無口、必要最小限度?

いやいや、必要なことも話さない

 

半年ほど前に夫がとある提案をしました。

そんなことホントにできるのかなぁ?

お手並み拝見と聞いていました。

 

何の進展もなく

1週間が過ぎ……

1ヶ月が過ぎ……

季節が変わり、半年が経ち

 

できるのかな?できるわけない

でも自分で言い出したことだから

時々、そう思いながら見守っているうちに

私の心は「嘘つき」と思うようになって

少しイライラし始めました

できないならできない理由なり報告もなく

ただ言いっぱなし

努力の気配も見えない

 

わたしの気持ちの変化も知らずに夫は

暇さえあればゲーム三昧

 

期待だけさせられて

イヤミのひとつも言ってやりたいところ

だけど……

そんなことなんの意味もないことはやる前からわかってる

でもちょっと攻撃したい

キッチンでお料理をしながら

「こないだのアレ期待してたんだけど…」

全部は話さず塩対応

夫の顔色はみるみる変わっていきました

 

ちょっぴり緊張感を感じたかな

普段は言わないわたしが喜びそうなことを言ってみたりしてる

「別にムリしなくていいよ。どうせできないんだから」追い討ちをかける

男に二言はなかったんじゃないのかな

などなど責める言葉を溜め込んでいたせいか

口内炎がたくさんできてしまいました

 

その約束が果たされることはないだろう

ならば何か考えよ!

ゲームするなら考えろ😤

なーんてね

 

時々は緊張感もいいかもしれない

もう少しチクチク攻撃します!

 

40年経ってはじめて知った

夫は桃より梨が好きらしい

知らなかったから桃の登場回数のほうが多かった

そして私は桃の方が好き💕

 

夫婦は一番近くにいる他人

案外、分かってないことが多いかも

 

 

 

透明人間になっちゃった!?

 

f:id:kokoronote:20210918161826p:plain

 

その話を聞くまでは

透明感があるって褒め言葉だと思っていました。

 

ミスコンなどでウォーキングを指導していらっしゃる先生のお話

透明感がある!は一歩間違えると存在感がない

透明人間になりやすい

そして、そのタイプの人は頼まれるとイヤと言えない

その後の4つの分類で見事に私は透明人間のカテゴリに入りました。

 

たしかに

頼まれたら断れないし

あまり存在感もないかもしれない

軽く話を聞いていました

 

つい最近とある集いでサプライズがありました。

ジャーン!!!

全員でzoomの背景を変えて

『おめでとう🎉』

知らされていませんでした。

多分、ご本人よりも驚いたと思います。

退室しちゃおうかと思うほどでした。

事前にサプライズ用のsnsグループを作って打ち合わせをしていたようです。

そう!

わたしは忘れられていたんです。

故意でないことだけを願っています。

 

他にも・・・

先月もリストから抜けていたという出来事があったし

お店に入っても「いらっしゃいませ」を言われないほうが多い

 

もしかして

本当に透明人間になりかけているのかもしれない。

 

 

ケースは違うけどスーパーモデルでも透明人間になっちゃうんだから仕方がないかな

mi-mollet.com

80代父とスマホ

父は新し物好き

スマホが出た時もすごく興味を示したけれど

新たなデバイスに対応できそうもないデジタル音痴

通信手段をできそうもないスマホにする代わりにタブレットを購入した

しばらくはこれで気が紛れていたが

 

2年ほど前、ある日突然スマホに変わっていた

 

父とは4年前位からとあることがきっかけでギクシャクしている

 

私に相談せずに◯コモの窓口の良さげな言葉でガラケーかららくらくスマホに機種変してきた

そして、困った時だけは呼ばれる

 

昨日の朝も

スマホが壊れた』

もう何度その言葉を聞いただろう?

 

見ると確かに何の反応もしない

電源切れてる?

試しに電源ボタンを長押しすると起動した

私の携帯から電話をかけてみるとかかった

 

父の言い分

『何かの弾みで電源が切れたのかな?』

電源は弾みでは切れないと内心思ったが言ってもムダ

 

今回も

「◯コモへ行ってガラケーに機種変してきたら」と勧めた

母も横で頷く

 

私が父にスマホを勧めない理由

✅家電の調子が悪いと叩いて直そうとする

✅電話帳登録ができない

✅カーナビも操作できない

✅とにかくタッチ画面が苦手

 

暇を持て余している父は

困ると◯コモの窓口で相談している

ガラケーに戻したいと言っているはず

だが、手ぶらで帰ってくる

 

昨日の一件で

充電コードの接続が怪しいことがわかった

また◯コモの窓口に見てもらいに行くらしい

私からはガラケーに戻したほうがいいよ重ねて言ったけれど

どうなることやら

 

通信会社としては一度スマホにしたらガラケーには戻させたくないのだろうか?

 

少々プライド高めな父は

「簡単ですよ」

「できますよ」

「皆さんそうしてますよ」

などと言われるとその気になるに違いない

 

スマホにしてから通信手段としても用を足さなくなっているのに、月額の負担だけが重くなっている

どうしたもんじゃろのう〜

 

 

義母のこと

7月に義母が亡くなり納骨を済ませました。

 

昨年の7月の終わりに外出先で友達から異変を指摘されて自らその足で病院へ

そのまま緊急入院

病院からの呼び出しで駆けつけると

✅脳幹部の脳梗塞

✅この梗塞は新しいものではないこと

動脈硬化が進んでいて治療が難しいこと

✅血圧が高くてそのコントロールが先決であること

などなど医師から説明されました

 

病状が落ち着いたところでリハビリ病院に転院し約半年間入院して義実家に戻りました。

帰宅して2週間で体調を崩して救急搬送

コロナ禍で救急車を呼んでもなかなか搬送先が決まりませんでした。

この間お世話になっていた病院はどこも満床でした。

結局隣市の病院へ搬送されましたが、すぐに退院しました。

 

当初、義母は病院への入院ならいいけど施設はイヤと言い張っていました。

どういう経緯なのか退院から3ヶ月で施設に入所することになりました。

今まで病院の呼び出しなどのたびに一緒に行っていた夫に義姉から入所の日程が知らされたのは前日の夜

仕事の都合がつかずに見送りもできませんでした。

 

入所して1ヶ月で容態急変の知らせ受けて

施設に駆けつけました

面会は2人まで

防護服にフェイスシールド、手袋、マスクを着用して義母の部屋へ向かいました。

義母はすでに意識がなく

夫は呆然と立ち尽くしていたので

夫の手を取り義母の手を握らせました

義母の足が少し動いたので「お義母さん!」と大きめの声で呼んでみましたが目を開くことはありませんでした。

 

それから1か月もせずに亡くなってしまいました。

 

私が最後に交わした会話は

「忙しいところ悪いわねぇ」

夫とはどんな会話を交わしたのだろう?

 

3姉妹の後に生まれた念願の長男である夫を溺愛し

江戸っ子で負けず嫌い

気が強くて頑張り屋

そんな義母があっけなく逝ってしまいました

 

予想以上に義母と義姉が不仲だったことを亡くなった後に知って、もっとできたことがあったんじゃないかと考え込むこともありました。

納骨の時に義叔父や義叔母から聞いた昔話に「結婚32年ではまだまだ新参者ですね」と思わず出た言葉に笑いが起こりました。

義母とは最期まで心を打ち解けることがなかったのが残念です。

何せ最後まで私のことは苗字で呼んでいましたから…。

 

春にはまだ死にたくないと言っていた89歳の義母

終活は全くなく

時間がかかりそうな宿題がたくさんあります

 

娘には宿題を残したくないと強く思いました

 

 

 

 

 

 

ムカつくけど夫婦喧嘩にならないわけ

結婚して来月で丸32年

 

ケンカしたことないし

そこそこ仲良し

 

だけど、時々結婚したことを後悔するほどイヤになる時がある

 

昨夜も………

 

それにはパターンがあった

 

4人姉弟で育った夫は

上げ膳据え膳

何もしなくても3人のお姉様達とお義母様がやってくれる

特にこの夏亡くなったお義母様に溺愛されて

「この子を怒ったことはない」と豪語されるほど…だからなーんにもできない人です。

 

それはさておき

私が夫を嫌いになるパターン

私が疲れている

夫も疲れている

お互いにキレやすい狀態からの

超無口な夫がさらに無口になり返事もしなくなり

返事のないことに苛立つことが入口であることが多い

 

お互い、夏の疲れが出てる

お互い、少し相手に言いたいことがあるけど言っても仕方ないから黙ってる

そんな下地もありつつ

コミュニケーションがうまくいかないと

大抵、わたしは心の中でこう思う

「何でこんな人と結婚しちゃったんだろう。

あぁ失敗した。大体、こないだ言ってたアレってどうなったの?嘘つき!」

 

親の夫婦喧嘩をイヤってほど見てきた私はこの言葉を放ってもいい結果にならないのはわかっているので言わない。

そして自分の部屋(元娘の部屋)にすーっと消える。

 

さてさて

言わないだけでムカついた気持ちを抱えたまま眠った私はすっかり悪夢にうなされ

「嘘つき!」という寝言で目が覚めました。

隣で寝ていた夫にも聞こえたはず

自分のことだって分かったかどうから謎

 

熟年夫婦、会話がさらに少なくなる日々が続きそう

そんなかすがいはわんこ達

4匹もいるからお世話を手分けしておこないます

そうこうしているうちにきっとモヤモヤも忘れる

そして最後に折れるのは大抵わたし

仕方ない相手はバカ息子だから

あつかった8月

9月に入って1週間が経ちました。

今年の暑い熱い8月を振り返ります。

 

県内在住のワンオペ育児真っ盛りの娘

孫=男児2歳はプレ幼稚園も夏休みに入り持て余し気味

ということで

ワンオペ育児のウィークdayは実家(我が家)で

パパがいる週末は自宅へ帰る

そんな娘にとってはパラダイスな1か月となりました

 

「暑くて公園はムリだけど、屋上で水遊びをさせたい!!」

希望を聞いて

じいじも汗だくで張り切って屋上にビニールプールをオープンさせました

 

がしかし!

オープンさせて数日で台風襲来

大型ビニールプールは飛ばないように重りをつけておいたにも関わらず

隣家に飛んで行ってしまいました

 

思い返すと今年の夏は天候が不順で雨も多かった

 

屋上での水遊びはほぼできず

家の中でひたすらいたずら三昧の2歳児を追いかけ

お三度に追われ

あっという間に8月が過ぎ去りました

 

夫婦二人だけでしんみりしていたので

かわいい孫とも遊べるし

お疲れ気味の娘も少しのんびりできるし

ちょうどいい・・・

いやいや、のんきな50代夫婦にとっては

かなりハードな1か月でした

 

 

 

 

ぞわぞわする親の行動

f:id:kokoronote:20210323105414j:image

 

80代になる両親は長いこと家庭内別居をしています。

 

父からは母の悪口を

母からは父の悪口を

ずーーーーっと聞かされて育ちました。

 

家の中がメチャクチャになるほどの

盛大な夫婦喧嘩もしょっちゅうでした。

 

年齢と共に夫婦喧嘩の質は変わりましたが

未だに片方が怒って家を飛び出すような喧嘩をしています。

80歳を超えてもお互いの悪口を言いながら暮らしています。

 

二世帯住宅を建てるときも

父と母の部屋の間に廊下を作るという要望があったので、

ならば、いっそ全てを別々にしたらと言うとそれはスルーされました。

 

お互いを認めあいながら一緒に暮らす

または、別々に暮らす

どちらも選択しないことに狡さを感じています。

 

ほぼ毎日夫婦揃って散歩に出ているので

ご近所から仲のいい夫婦と言っていただくたびに

喧嘩するほど仲がいい〜は両親に限っては当てはまらないと内心思っています。

 

外出先でも相手のアラしか見ていないのに

なぜ悪口を言いながら毎日一緒に出掛けているのか不思議でなりません。

 

夫婦喧嘩で揉める家は安らげる場所ではなくなります。

 

最近の新たに父の問題言動で母が鬱々として部屋に閉じこもるようになりました。

 

有効な対応策もなく

喧嘩はどちらかがなくなるまできっと続くのでしょう

 

そして今日も母は部屋に閉じこもり

父は自分の正当性を外まで聞こえる大声で電話をかけまくっています。

アラ還になった私は子供の頃と変わらず、この状況をぞわぞわしながら耐えるしか術がありません。

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村