カナエルノート

50代のキレイ・楽しいを叶えるヒント

悪い予感しかしない早朝の電話

7時前に着信

画面には母の名前

 

第一声でいきなり

母「今日の予定は?」

私「午前は△△、午後は▢▢」

 

母「実はお父さんがまた・・・・」

 

どうやら以前よりずっと納得がいかなかったことを

弁護士さんへ相談に行くらしい

訴訟も辞さない覚悟らしい

 

しかも、今日

 

その感情が波のように襲ってくるらしく

だんだん外向きに騒ぎが大きくなっている

 

電話相談をした弁護士さんは

勝ち目があるといったらしい

 

ホント?

 

相談に乗りますよ

お話聞きますよ~

サービストークだったんじゃないかな?

 

父は許せないと言っているけれど

そうなるには父にも落ち度があったわけで・・・

だから私も黙っている

別の案件で

過去には、一方的に相手が悪いということもあったのに

うやむやにしておいて

今回のように自分に落ち度があるにも関わらず

いつまでも根に持っているのは脳が委縮している証??

 

 

母は私に同行や助けを求めてくるけれど

父は断固として拒否

 

母も母で普段は父と同調して断固拒否をしているくせに

都合が悪くなると頼ってくる

断固拒否の父が「イチイチ言うな!と後ろで怒鳴っている」

 

私が授けたナイショの戦略を

2時間もたたないうちに、ペロリと父に暴露して

更に私が恨みを買う羽目になった

 

 

この悩ましい戦いはいつまで続くだろうか?

 

そして、

「お話聞きますよ!」の弁護士さんが

善意であることを切に願います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーネーションはキライ

母の日でしたね

 

皆さんの微笑ましいエピソードを見て

苦い想いがまた一つ

 

毎年、母の日には

母と義母、そして娘のように可愛がってくれた叔母に

花を送っていました

 

まず、義母が

事前に連絡しても当日ドタキャン不在が続き

ナシになり、そのままお別れ

 

次に実母、

カーネーション、あんまり好きじゃない。高騰してる時期にバカらしいからいらない」

で翌年からお花はナシ

 

叔母、毎年大喜び。数年に一回サプライズで東北まで弾丸です届けに行くほどでしたが

数年前に亡くなりました。

 

カーネーションが嫌いな実母へ

毎年、手を変え品を変えて感謝の気持ちを送りました

が毎年ダメ出し

万策尽きて

「何がいい?」と聞いてみたら

「何もいらない。母の日だけ……って変よね」

ま、そう言われてみればそう

 

かくして

私が送る母の日はなくなりました

 

が!

そんなに甘くないのが

わが実母

母の日の数日後あたりからはじまります。

◯◯さんのところは息子さんから⚫️⚫️もらったんだってぇ〜

△△さんのところはお嬢さんが▲▲に連れてってくれたんだってぇ

言うだけでなく、機嫌も悪くなります。

 

なになに?

何か欲しい?

どこか行きたい?

聞いてみると、

「いらない」「行きたくない」と返事はするけれど

5月いっぱいは根に持っているように機嫌が悪い

 

 

因みに30代の娘は

私に母の日に何かしてくれたのは数回

期待もしていないし

それで機嫌も悪くなったりはしません

 

 

5月は母の機嫌が悪い

それでなくてもよくわからないことを言って怒っている

接触は最小限度にしたい

けれど、そうもいかないよなぁ

 

 

 

 

f:id:kokoronote:20220509080437j:image

 

 

聞いてしまった両親の会話は、私の悪口だった

父がここ数日

エキセントリックになっています

 

とっくに引退しているのに

取引先を呼び出したり

どうにも止まらない

 

それでも何かがおさまらないらしく

電話がかかってきました

 

着信の表示の「父」を見て

イヤな予感しかなかった

よほど出るのをやめようかと思ったけれど

繰り返しかかってくるのは目に見えてるいるので

「冷静に』と自分に言い聞かせて

電話をとりました

 

案の定

三言目には怒鳴られ

言いたいことを言い放ち

本人は切ったつもり

 

スマホをうまく使えないので

通話はつながっていました

 

父と母の会話が聞こえてきました

内容は私の悪口

聞くに耐えないような内容

体が震えが止まりませんでした

 

そう思われていたんだ

二人揃ってそう思っていたんだ

予想はしていたけれど

実の親の言葉に大きなショックを受けました

 

f:id:kokoronote:20220507180643j:image

 

 

父のプライドは何処へ?

父が取引先の社長を呼び出しました

 

父は一昨年までその会社の役員でした

何の相談もなく

一方的に解任されました

事後報告で後付けと思われる理由を聞きました

 

からしたら

ま、仕方ないか

な感じですが

 

父は到底納得できないこと

私の顔を見るたびに

何度も同じく話を繰り返し

 

昔の父なら

激昂して怒鳴り散らしていましたが

年齢とともにそれがなくなったと同時に

ネチネチ根に持つよつになりました

ギリギリ行動に出るのを抑えていたのはプライド

とうとうそのプライドも失ってしまったの?

 

取引先の社長には

恩を仇で返すようなことをされました

もちろん、私も怒っています

 

けれど

 

価値観が違う相手には何を言ってもムダ

 

何より

言ってる内容がカッコ悪い

負け犬の遠吠えにしか聞こえない

 

 

その社長は

自分の両親も元の奥さまとその子供達も

金を目当てにする奴らと一括り

 

私から見たら

見るたびに派手になっている

今の奥様が一番金目当て

 

昔は語り合った社長さんでしたが

価値観が変わってしまった

そんな人には

コチラの常識で話してもムダと

父には何度も言ったけれど

 

どうにも腹の虫がおさまらなかったらしい

 

私までその社長に関わることを

思い出してイヤな思いに巻き込まれました

 

理性によるブレーキ

プライドにのよるブレーキが

効かなくなった父

今後、どう諭せばいいのだろう?

悩んで眠れなかった

 

 

 

 

 

義母の置き土産

昨年の夏、義母がなくなりました

とーっても元気でパワフル

誰の言うことも聞かずにマイペース

「死」と言う言葉が似合わない人

 

そんなパワフルな義母が

倒れたのは一昨年の夏

 

外出中に友達に異変を察知されて

そのまま、友達と病院へ行き即入院

脳幹部の脳梗塞

医師の説明は厳しいものでしたが

義姉とともに顔を見に行くと

憎まれ口を叩くほど元気でした

 

その後

コロナ禍でお見舞いも叶わず

転院し退院いたものの

入退院などを繰り返して

最終的には施設で亡くなりました

 

夫は4人姉弟の末っ子長男

義母からは溺愛されて育ちました

 

個人情報がこれほど厳しくない30年ほど前

義祖父が亡くなった時に

お墓を購入することになりました

 

夫になんの断りもなく

婿養子に入った夫の名義で

私達とは縁もゆかりもない他県に

お墓を買われてしまいました

 

霊園から度々来る書類を不審に思い尋ねたら

悪びれもせずに

あっさり認めました

 

お義母さんが元気なうちに解決してほしいとの

願いも虚しく

どう言ってもはぐらかされ続けて

跡を継ぐ人のいないお墓が残りました

 

そもそも

私達も一人娘を嫁がせたので

お墓を購入する予定もありません

 

墓終いには多額の費用がかかるとか

その以前に霊園からは管理費用の請求書が届きました

 

義母の置き土産

負の遺産

娘へ残さないように

私達の代で片付けなくてはいけません

 

義母は夫の名義にしておいたら

夫が入ってくれると

淡い期待があったんじゃないかなぁと

想像していますが

夫も義姉も断固拒絶

義実家には義実家の深い深ーい事情があるらしく

結婚33年の嫁は新参者

関係者以外立ち入り禁止な空気が流れます

怖いもの見たさのパンドラの箱

開けた途端に呪いがかかってもいけないので

現況だけを受け止めることにします。

 

 

電話くれた?

ほぼ、毎回母の第一声は

「電話くれた?」

その答えはほぼ毎回

「No!」

 

そこからはじまる母の話は

日々まとを得ない感じになっている

 

最近、父が何かを企んでいる様子

長く生きた分の悪知恵を働かせている?

妙なこと

面倒くさいこと

思いつかないでほしい

 

祈りにも近い心境の今日この頃

 

理容室から出禁になった強者の母

ある日、母が怒りながら帰ってきました

行きつけの理容室(定期的に顔剃りに行っている)から

今回で最後にして欲しいと言われたらしい

 

お店クローズするわけでもないのに

なぜ!?

なんて言われたの?

母いわく

「◯◯さんと話すると気分が悪くなって、持病が悪化するからもう来ないで」

と言われたらしい

客商売なのに、なぜ?

耳を疑った

聞き間違いじゃないの?

 

それから少し経って

先日生まれた2人目の孫の産まれたての写真を見た母の第一声

「女の子なのにかわいそうに」

「ずいぶん腫れぼったい顔してるのね」

容姿をディスってる!?

 

赤ちゃんの写真はもう見せてやるもんかと思わず思った

 

そういえば、娘の容姿についても

目のカタチがどうのこうの

スタイルがどうのとよく言っていた

 

親子でもイラッとくるのだから

他人ならなおのことかもしれない

 

それ以外にも気分を害することをよく言う

毎回必ず言う

言われたくないことを言う

ある意味才能

 

N大のニュースのときは

近所のN大付属に通うお子さんのいる人に

大変ねぇと言っていた

 

そう言う人に限って自分の琴線に触れることを言われると大騒ぎだ

 

前述の理容室に関しては

納得のいかなさを息巻いていた

 

自覚のない嫌味で出禁になった母はある意味強者

歳を重ねて思い込みが強くなってさらに磨きがかかってる

 

 

父は父で

「産まれたんだって.それはそれはおめでとうございます」

会うたびに言う

 

ラクラする😵‍💫

 

 

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村