【アラフィフ】Happyシニアライフ

子供が独立して、夫と2人暮らし。かすがいはワンコ達。心豊かな老後の暮らしつくり。旅。シンプルライフ。グルメ。ブログからの収入で早期退職することを目指しています。

ユナイテッド航空オーバーブッキングNEWSの衝撃

ユナイテッド航空オーバーブッキングで警察沙汰

9日夜、シカゴ発ケンタッキー州ルイビル行の米ユナイテッド航空便で乗客が警察に無理やりに、そして乱暴に降ろされている動画をNEWSで見て衝撃を受けました。

そもそも今回米ユナイテッド航空便でこのような問題が起きた理由は何だったのでしょうか?

通常オーバーブッキングの対応は乗車前にするはず。

 

オーバーブッキング騒動の経緯

今回、米ユナイテッド航空便で起きたオーバーブッキングの理由は「翌日にルイビルで勤務があるユナイテッド航空の従業員を連れていくため」

ユナイテッド航空は自主的に4人に席を譲ってもらうよう提案。見返りとして米ユナイテッド航空から「400ドルの提供とホテルの提供」が提案。それでも申し出がなかったので最終的に見返りは「800ドル」まで吊り上がりました。

見返りを800ドルに釣り上げても申し出はなし。そこで米ユナイテッド航空のスタッフが4人をコンピューターで選び出すと宣告。選ばれた人のうち自主的にカップルが応じたものの、動画の男性は激しく拒否。結果、警察が介入し無理やり引きずりおろす事態が発生したようです。

 

抽選対象は全員ではない

理由はチケットには予約レベルというものがあり、定価を支払う正規の航空券が一番強く、格安航空券などの安価なチケットはレベルが低く設定されています。つまり正規の航空券を購入している=お得意様ということになります。あまり公になっていないだけで正規航空券の購入はこういうところにメリットがあるようです。オーバーブッキングした際にグレードを優先して挙げられるのもチケットの予約レベルが高い方が優先されることから、今回のオーバーブッキングでも抽選対象が全員ではないのは致し方ないことのようです。オーバーブッキングはそうそうあるものではないですが、もし格安航空券を購入していた場合はオーバーブッキングで乗れない可能性があるということも心得たほうがよさそうです。

 

人種差別?

4人ともアジア人だったとの噂が広まっています。

真偽の程は不明ですが・・・。

 

驚いたこと&感想

直前にキャンセルする乗客が一定の比率で出るので、定員以上の乗客の予約を受け付けるオーバーブッキングは合法であり、世界中の航空会社がやっている。

 

「降機を拒否した人間を無理やり降ろさせる権利がある。」ユナイテッド航空の規定)

このような規定は何かしら正常な運航に支障をきたす恐れがある場合のみに運用されるものだと思っていた。航空会社の都合でも運用されるというところに恐怖を感じた。

どんな事情があろうとも抽選で選ばれたら降りなければいけない。反論はしてはいけない。

 

「乗客が学ぶべきことはたったひとつ。セキュリティーが乗ってきたら両手を上げましょう。でないと唇を腫らして、通路を引きずられる羽目になるから」(BBC記事)

 

 

 

過去に遭遇した航空機ハプニング

・通路挟んで隣の席がオーバーブッキング

駐機場から飛行機が動き出しているのに、座れない人が・・。

CAさんたちが慌てだした。何度か席を譲ってくれるようアナウンス。何度もお願いアナウンスが流れたが、対象者現れず。

結局、座れなかった人が降りることになった。

粛々とことが進み、飛行機が遅れたことに苦言を呈する乗客も一人もいなかった。

そして、航空会社からお詫びのキャンディーが配られた。

 

・直前キャンセル

「まもなく出発します」と機内アナウンス後に

「急遽キャンセルのお客様のため、貨物からお荷物を出ししています。」

結局、1時間遅れで出発。この時もどこからもクレームが出なかった。

 

ハプニングでの機内の様子

不思議なほど、機内が整然としていたことに感心してしまった。日本人の国民性かな?

私でさえオーバーブッキングと遭遇するくらいなので、よくある話なのかもしれませんが、流血事件になるとは想像もしていませんでいた。怖い。

航空会社によるのか?国によるものか?