カナエルノート

50代のキレイ・楽しいを叶えるヒント

同僚は、モンスター社員! 奇妙奇天烈な事案を紹介します

 

 

shachiku-festival.com

 

この記事を読んで、同僚はモンスター社員だと確信しました。

 

 

同僚は、モンスター社員だった!!

 

同僚は、アラフォー女子

部内の女性は、彼女とわたしの二人だけです。

 

 

『けど』『でも』『クソ』が口癖で、連呼します。

 

例文

『そうなんですか。でも…』

『でも、でも…。けど…。』

『このクソ忙しい時に』…それほどでもない。

『クソつまらない』お食事中の方、ごめんなさい。

 

「けど」「でも」を逆接ではない時も使います。

なので、言いたいことがわかりません。

基本、口は悪いです。

 

 

執念深いです。

 

気になることがあると、そのことのとらわれて、仕事が手につかない模様。

それを指摘されると、キレます。

 

一日中、配送荷物のステイタスを見て、

運送会社に問い合わせ&クレームの電話をかけ続けます。

通常の仕事をしません。そのことを指摘されると「それどころではない」とキレます。

 

 

 

とにかく、キレます。すぐに、キレます。 

 

  • メールのCCに勝手に入れられたと言っては、激高して上司に詰め寄り
  • 業務が円滑ではないと勝手に思い込んで、キレて関係各所にクレームの電話をかけまくる。(・・・後に始末書提出の処分。)
  • 派遣社員を恫喝。パワハラと派遣会社から指摘される。

 

社長でも役員に対してでも、相手構わずにキレて、歯止めがきかなくなります。

 

わたしもキレられました。

きっかけは、仕事上のことでしたが、次第に人格否定をされました。

興奮して紅潮した顔で迫ってきて、

ただただ怒鳴って、汚い言葉を投げかけられました。

 

 

奇妙なマイルールを振りかざします

 

  • 『第2月曜日は、有給をとるのがマイルールだから!』どうやら、その日は休みを取るなという意味らしいのですが、でもそのマイルールは、予告なく変更されます。そして、わたしの休暇とブッキングしてしまうと、文句の独り言が止まらなくなります。

 

  • 『毎年恒例の期末の有給取ります!』その場にいた全員が、意味不明で呆気にとられました。

 

  • 書類をファイルせず、デスク回り、ゴミ箱の上、隣のデスクの上、あらゆるところに書類と私物を置いています。それによって、ドンドン通路が狭くなっています。   (↓参考資料。実際は、プラス食品が混在しています。) 

f:id:kokoronote:20180415162656p:plain



  • 昼食にかける金額の上限設定があるらしく、時々臭いの強いカップ麺を席食します。(よく食べているのは↓カレーメシ)

    日清食品 日清カレーメシ ビーフ 107g×6個

 

  • 注目されたいらしく、プライベートな用事を一大事と大袈裟に騒いで、休みを取ります。(ヨガ教室の更新等々)

 

  • 働き方改革とは真逆をいくマイルールで、毎月平均5万円の残業代を申請しています。彼女が忙しくないのは、周知の事実。営業部からも、ムダが多い。『5分の仕事を3日かけている』と評されています。けれど、自分だけ不遇、自分だけ忙しい。『過労で倒れる』『労災』と息巻いて、上司が提案する改善案を全て却下。上司もお手上げ状態です。

 

 

彼女のルックス

 

  • 美容院へは年に一度・・・伸ばしっぱなしの白髪混じりのボサボサの髪で11ヶ月を過ごします。
  • 洋服はいつもシワくちゃ(カットソーも)
  • サングラスは、なぜか鼻の位置(意味ない?)
  • タイツやストッキングは、いつもユルユルに伸びきっています。
  • 雑誌の付録のトートバッグを2個持ちしています。
  • 不平不満ばかり言うのでホウレイ線が深く刻まれて、うっすらヒゲもはえています。

 

最近の出来事、イラつきました。

 

前日の上司からの指示は、書類に押印して、翌朝わたしに渡す。

翌朝、上司から書類の受け取りの確認の連絡が入りました。

彼女に確認すると「今日中でいいですか?」

急ぎを強調すると「午前中でいいですか?」

思い切り顔に出しました。怒りを!

すると『訂正版とふせんがついてますが、どういうことですか?』

説明する必要のないことをいつまでも聞いてきて、肝心の押印をしない。

書類に関する彼女の興味を満たすまで判を押さない気配に、もう少しで強引に書類を奪い取るところでした。

 

 

 まとめ

 

できれば関わりたくありません。

しかし、同じ部内なのでそうもいきません。

終始、独り言とは思えない声量で不気味なくらいにブツフツ言っています。

彼女のマイルールから逸脱しているものは、攻撃の対象です。

 

社内で、問題視しつつも、本人には指摘しません。

管理職以上は陰口をいいながら、表向きは尊重の姿勢です。

 

優秀な社員は、モンスターを尊重して生産性の上がらない会社には見切りをつけて、自分の能力をいかすべく転職していきます。

 

その論理で、わたしも新たな道に踏み出そうと思っています。

 

段々と会社が、アラフォーの仕事のできない癖の強い人の吹き溜まり化していっています。

 

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村