カナエルノート

50代のキレイ・楽しいを叶えるヒント

【プレ花嫁の母の心得】 適齢期の娘から彼を紹介すると言われたら

関連画像

 

 

彼が「ご挨拶したい」と言っていると

適齢期の娘に言われたら

 

・彼とのお付き合いの程度を聞く

・彼の人となり、家庭状況などを事前に聞いておく

・初回は、軽い気持ちであえるシチュエーションにする

・初回で「結婚」の言葉を出さないように伝えておく

 

 

我が家の場合

 

初回は、カフェで

わたしと娘と彼の3人で会いました。

 

半月後に夫を交えて、レストランで会食をしました。

 

段階を踏んだ理由

もしかしたら、若い二人には気づかない決定的な何かが潜んでいるかもしれない。

大げさに物事が進む前にアドバイスをすることがあるかもしれないから。

 

余計な心配に終わりましたが・・・。

 

 

ネック

 

我が家は一人娘で、彼は長男

彼は関西エリアの出身

 

最終的に関西エリアに住むことになるのか?

娘はそれに対応できるのか?

 

 

感想

 

3人であっているときの娘の様子を見て

リラックスしていて、気負いがどこにもありませんでした。

自然体の娘に対して、汗だくの彼、とても微笑ましく思いました。

 

とても誠実な様子に、彼にならばお任せできるように感じました。

 

夫を交えたときは、わざとわたしと娘で席を外して

男同士ふたりきりで会話をしてもらいました。

どんな会話があったのかは、その後も教えてもらえていません。

 

わたし達の許可が取れたことで、

結婚へ向かって話がすごいスピードで進んでいきました。

 

 

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

 

 

 

ゼクシィ首都圏 2018年 2月号

ゼクシィ首都圏 2018年 2月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村