50代 Happyシニアライフ

シンプルで心穏やかな暮らしつくり

50代ひとり〇〇が多い理由は「過剰同調性」が原因かも?

「著作権フリー おひとり様」の画像検索結果

 

ひとり〇〇

 

経験したこと

 

映画

食事

ライブ

フェス

  

おひとり〇〇のメリットとデメリット

 

メリット

自分のペースで

気づかい不要

 

デメリット

感想をシェアできない

 

 

ひとり〇〇/続けること・やめること

 

続けること

旅・・・企画から急な心変わりまで、気兼ねなくマイペース

映画・・行けるときに、見たい映画を

食事・・食べたいときに食べたいものを

 

やめること

フェスやライブ・・・もう十分楽しんだ

もういいかなぁ

 

 

 

ひとり〇〇をはじめたきっかけ

 

人と1日一緒にいると、とっても疲れる。辛い。

言葉ではとても、言いあらわせないほどに

 

子育てで悩んだとき、本当に相談できる人がいないことを実感した

 

母に相談すると、母親としての愚かしさを指摘されてしまった

 

自分でもわかっていた。

困ったときのいつものパターン。

 

誰にも相談せずに

朝決めて、ひとり旅に出た

夫と娘には、新幹線に乗ってからメールで知らせた。

後に家族の中では、「ママの家出事件」と言われた。

非難も批判もあったけれど、

ひとりでもできる自信がついた。

 

ひとり〇〇、スタートはハードル高めのひとり旅

 

女ひとり旅って言ったら、京都だよね?

こういうところは単細胞

 

HSPと過剰同調性

ひとり〇〇を経験したら、

人と行動することの辛さが浮き上がってきて

この辛さはどこから来るのかを調べてみた

 

 

 

過剰同調性

 

少し前に、KYという言葉が流行ったけれど

KY=空気を読まない

その反対空気を読みすぎてしまう人→過剰同調性

 

過剰同調性とは?

『相手に合わせすぎる(同調しすぎる)』

「空気をよまなくては!」とがんばりすぎてしまう心が、ストレスを生んでしまう。

 

 

過剰同調性の特徴

 

ひたすら相手の表情と状況を読んで機嫌を損ねないようにする

家庭や学校という場の雰囲気を読んで、自己犠牲的に周囲に合わせてきた

親からみて「いい子」だったといわれることが多い

相手に責任を追及したり、攻撃的態度に出たりすることは少ない

自分の欲望、主張、意見より、相手の意向を尊重する

悪いことが起こると、周りを責めるのではなく、自分を責める

人に対して怯えがある。虐待やいじめなど・・・

 

相手から嫌われるのではないか

相手に見捨てられるのではないか

仲間外れにされるのではないか

不安や不信と隣り合わせで生きている

 

 

過剰同調性を生む背景

幼少時代の親子関係の影響が大きい

 

親や養育者による家庭内暴力

本音を言えない親子関係

親や養育者の意向をうかがうような行動(いい子症候群)

自分の意見や考え方を言っても意味がない状況

 

 

 

過剰同調性のストレスの対処法

①マイナス感情の表現方法

過剰同調性によって不満や不安をためこんでしまう人は。「マイナス感情」の表現をするのがとても苦手。マイナスな気持ちは「押し殺さなくては」と考えて、「すべてを佳慢する」もしくは「我慢できなくなって爆発させる」極端な考え方に陥りやすい。

ストレスを減らすためには、マイナス感情ときちんと向き合って、論理的に伝える。 

 

②相手を許す

過剰同調性を持つ人は完璧主義な傾向があり、自分に対しても、さらに他人に対しても厳しい。

悪い部分を着目して我慢することから、よい部分に注目して周囲を認めて許すクセを持つことによって「自分を認めて、自分を許す」ことにつながる。

 

③主張をしてみる

人付き合いでストレスをためないためには、自分の意見を主張することが大切。

食事の時に食べたいもの、遊びに行きたいところ・・・などなど少しづつ主張してみる。そしてその主張が受け入れられたときは、相手に感謝し、主張が受け入れられた喜びや好きなものを手にできた喜びを成功体験とする。

 

過剰同調性の人達はとても疲れている

常に周囲にアンテナを張り巡らし、

意思や行動をコントロールする脳の前頭前野をフル活動させ、

素直な感情を抑え込んで、

一挙手一等速をすべてコントロールしている状態は、

心身共に疲れ果てさせ、ストレスをため込む結果をまねく。

 

 

 

過剰同調性とHSPの関係

 

過剰協調性という言葉は、解離性障害群や最近注目を浴びているHSPと一緒に目にすることが多い

 

 過剰同調性が生じる原因は、緊張した家庭などの環境要因が大きく関係している。

それとは別に、

当人の生まれつきの遺伝要因「生まれつきの敏感さ」=「HSP」

 

www.pojihiguma.com

 

 

 

まとめ

 

聞きなれないけれど

多分、わたしは・・・【過剰同調性】

これまでの、辛さの原因がわかってよかった

 

50代になって、しなくていい我慢はしたくないという想いが強くなった

嫌われることや人からどう思われているか

気にしたり、恐れたり、我慢をやめて

ひとりで行動してみたら、思った以上に心地がよかった

ちょっぴり寂しいけれど、気ままで楽でいい

 

出先でひとりで困っても、

図々しく乗り切る術も

年のカサだけ少しはある

 

ここ数年で交友関係も断捨離

面倒な気遣いが必要な人達との集いは欠席

 

人は生まれるときも死ぬ時もひとり

 

人生、折り返して

子育ても終えて

健康なうちに楽しみたいな

 

次はどんなひとり〇〇に挑戦しようかな?

 

 

 

敏感すぎて生きづらい人の 明日からラクになれる本

敏感すぎて生きづらい人の 明日からラクになれる本

 

 

ひといちばい敏感な子

ひといちばい敏感な子

 
「敏感すぎる自分」を好きになれる本

「敏感すぎる自分」を好きになれる本

 
敏感すぎて困っている自分の対処法

敏感すぎて困っている自分の対処法