【アラフィフ】Happyシニアライフ

子供が独立して、夫と2人暮らし。かすがいはワンコ達。心豊かな老後の暮らしつくり。旅。シンプルライフ。グルメ。ブログからの収入で早期退職することを目指しています。

我が家の朝食・・・パパのおにぎり

朝食の今⇔昔

結婚当初

早起きして、時々寝坊しながら

朝は苦手な夫へ簡単な朝食を作っていました。

 

子供が生まれて

夫への朝食は結婚当初のまま

子供には手作り離乳食

子供にはできるだけ手作りを心がけました

 

ここ数年

夫が自分と娘におにぎりを握っています

私はダイエットを兼ねて青汁

 

きっかけは帯状疱疹

アラ40に差し掛かったころに帯状疱疹になり

噂に聞くほど痛みは感じなかった

疱疹は右耳の裏からはじまって右頬全体に広がり

医師からは首から上に出るのは重症化しやすいからと入院を強く勧められましたが

お薬を処方してもらって帰宅

 

帯状疱疹水疱瘡のウイルス

家族に水疱瘡がうつる可能性があるらしい

タオルや洗濯も別・・・家事負担(増)

実家の家業の手伝いもできる限りやって

家のことは通常通りに・・・

甘く見ていました。帯状疱疹

疱疹がひけても体調は戻らなかった

 

その後・・・

追突事故で重度の頸椎捻挫

掌蹠膿疱症(サフォー症候群?)

病院通いが続きました

特に掌蹠膿疱症は対処療法しかなく

皮膚炎にはステロイド

関節痛には鎮痛剤

薬を服用しながら、いつも通りの暮らし、かなり無理していました

 

ある日、洗面所で倒れているところを娘が発見→救急車

その当時の記憶はあまりない

3日間入院・・・お願いして無理やり退院

医師の診断は過労

さらに脳の血管の形状も悪いことが判明

また通院の科が増えてしまった

 

この入院以降さらに体調悪化

いつしか

朝食を作れなくなった

家事全般がかなりできなくなった

 

体調復活

なんとか体調も復調し

以前のように朝食をと思ったけれど、各自ルーティンが出来上がっていた

夫も娘もぎりぎりまで寝ていたい

2人とも朝の時間がまちまち

前日に翌朝の時間を聞くのを忘れるとアウト

朝の弱い、夫と娘にいろいろ用意しても断れることが続いて

家族の朝食作りをやめてしまった

 

パパのおにぎり

娘が就職をして、朝の時間が安定

相変わらず朝はぎりぎり

そして、満員電車での通勤

食べてすぐに出勤すると気持ちが悪くなるらしい

 

ある朝、夫が自分用におにぎりを作っていた

それを見た娘が「私にも!」

その日からパパのおにぎりが始まった

娘は会社についてから食べるらしい

 

そして娘の引越が迫り

パパのおにぎり最後の朝を迎えました。

夫はどんな気持ちでおにぎりを握ったのかな?

想像するだけで涙が出ちゃう(T_T)