カナエルノート

50代のキレイ・楽しいを叶えるヒント

家計と仕事のこと赤裸々に語ります

 

f:id:kokoronote:20190619222111j:plain

 

 

家計

 

十数年前に二世帯住宅を建てました。

住宅ローンと一緒に暮らすわたしの両親の口座から引き落とされる一切の支払いは、私達が支払っています。

 

夫は自営業です。

収入が不安定で、最近は人手不足で更に売上が減少傾向にあります。

 

 

 

昨年、一念発起して会社を退職しました

 

希望は、おこずかいをブログで!

Google AdSenseも合格済

ブログを更新していたら収入につながる・・・と思っていました。

 

www.kokoronote.net

 

 

誤算

 

娘の里帰り出産が諸事情で長期になり、後半は娘婿も合流して、一気に5人家族になりました。

生活費が一気にかさんで、赤字になってしまうこともありました。

 

ブログでの収入は、ゼロのまま月日が流れました。

 

 

在宅ワーク

 

わたしの収入がゼロのままでは家計的に厳しくなってきました。

 

前職で人間関係で疲れ果てたので、できれば人とかかわらずにできる仕事=在宅ワークを中心に探しました。

 

 就活をしてみて、事務職の在宅ワークは、需要が圧倒的に多いということがわかりました。

難航しましたが、なんとか職に就くことができました。

 

但し、出勤する場合の6割程度の時給になってしまいました。

 

 

老後

 

『老後に2000万円必要』ニュースが駆け巡ったのは、仕事を始めてすぐのことでした。

 

 

最近の収支のバランスを見誤って、貯蓄はほぼゼロ、住宅ローンなどの借入金があります。

 

夫は、国民年金で退職金もないので自力での貯蓄は必要になのはわかっていますが、現実はなかなか厳しい状況です。

 

 

まとめ

秋から消費税が上がれば、さらに暮らしは厳しくなると思われます。

自分の気持ちを優先して時給の低い仕事を続けるか、収入を優先すべきか悩ましいところです。

 

そして、試算されているほどの長生きはしたくないな。

 

 

 

 

 

 

 

熱中症を予防するための上手な汗のかきかた

 

f:id:kokoronote:20190611074411j:plain

いい汗をかいていますか?

 

 

いい汗のかきかた

 

熱中症を予防するために、上手に汗をかけるようになっていたほうがいいようです。

汗の出ない生活をしていると汗腺が衰えて、たまに汗をかいたときに体に必要な成分まで汗と一緒に出てしまうそうです。

 

 

汗腺のトレーニン

 

いい汗をかくために、日ごろから汗腺を鍛えておこう。

  • 浴槽に浸かってジワジワ汗をかく
  • 身体を温める食材食べたり、冷たい飲み物を飲みすぎない
  • ウォーキングやヨガなどの軽めの運動を習慣化する

 

悪い汗

  • ベトベトしていて蒸発しにくい
  • 部分的に大量の汗をかく
  • ダラダラと汗が止まらない
  • 臭いがあり、塩分を含んでしょっぱい

 

悪い汗は、汗腺の機能が衰えていることが多く、熱中症になりやすい

 

 

まとめ

季節外れに気温の高い暑い日に終日外出しました。

帰宅後に、身体に熱がこもって頭痛がして動けなくなってしまいました。

同行していた人たちはみんな汗をかいていたのに、わたしは暑さに関しても鈍感でした。軽い熱中症になっていたようです。

 

加齢とともに汗腺も衰えて、暑さにも鈍感になっていくようです。

 

夏本番を前に汗腺を鍛えて、熱中症を予防したいと思います。

 

 

梅雨時にやったほうがいい家事リスト

f:id:kokoronote:20190607211152j:plain

 

関東地方も梅雨入りが宣言されました。

この時期にしておいたほうがいいお掃除をまとめてみました。

 

 

カビ対策

梅雨~夏はカビの増殖しやすい条件がそろっています。

カビの栄養分である汚れを取り除いて、カビ予防しましょう。

 

 

キッチンを点検

食中毒が増える季節を前に冷蔵庫や調理器具の衛生状態を点検しよう。

 

 

洗濯機のお手入れ

純正の洗濯槽クリーナーで洗浄をしよう。

 

 

高温多湿を利用する

季節の特徴を利用して、楽に汚れを落としてしまおう。

水仕事も楽ですし、水切れも早いはず

 

 

春の汚れ

黄砂や花粉などの春の汚れのついた網戸やベランダも今のうちにきれいにしておこう。

 

 

エアコンのお手入れ

エアコン稼働のシーズンの前にお手入れをして、性能アップで夏を迎える準備をしよう。

今のうちにエアコンが正常に作動するかもチェックしておこう。

 

稼働前チェック方法

https://www.4900.co.jp/smarticle/9379/

 

中掃除

中掃除とは、いつもより丁寧にお掃除をすること らしく。

レギュラーの家事に中掃除を組み込めば、大掃除はしなくてもすみそうです。

 

以上

できる限りお掃除に労力をかけたくないわたしの梅雨時の家事リスト備忘録です。

季節を味方につけた中掃除で効率よく汚れを落としたい。

梅雨時にいつもより丁寧にお掃除をして夏に備えたいと思います。

 

 

 

相続でもめないための終活

f:id:kokoronote:20190523173031p:plain


 

 

伯母の法事に母のお供で出かけました。

 

 

 

母の親戚関係

母の姉弟関係は少々複雑です。

今回亡くなった伯母は、母の長兄の嫁にあたります。

跡継ぎとなるべき子供がなかったため、末弟と養子縁組をしていました。

 

 

祖父の名義の不動産

49日法要を終えた食事の席で、家や土地の今後の話になりました。

ほぼ伯母の名義でしたが、一部は亡くなって30年近く経つ祖父の名義のままの不動産があることが発覚しました。

一瞬で会食の場の空気が変わりました。

 

 

相続問題勃発

祖父名義の不動産は、母達姉妹にも権利があります。

全てを一括して処分してしまいたい叔父は、母達姉妹に放棄の同意を求めました。

 

そもそも処分することに反対の叔母、ここまでの経緯など姉妹それぞれの思いが交錯して結論は出ずに法要の席はお開きとなりました。

 

 

終活

 

帰路の母と私の会話

わたし「家のこともちゃんとしたほうがいいんじゃない?」

 

母「お父さんはそういうの嫌なんだって」

 

わたし「そういうのってなぁに?」

 

母「遺言とか・・・」

 

母に言っても仕方がないので、言葉少なく帰路につきました。

 

 

わたしの終活

嫁いだ一人娘が面倒なことにならないように、エンディングノートは記入済です。

断捨離もすすめていて、できるだけモノも減らしています。

 

両親の終活

母は、今回の出来事をきっかけにしてエンディングノートの記入をはじめました。

 

問題の父は、断固として遺言の作成も断捨離もせず。

モノを増やし続けています。

 

 遺品整理

ひとり暮らしの不安を埋めるためなのか。

叔母の家は、モノがあふれています。

遺品整理の見積もりは、数百万にもなっているようです。

 

まとめ

子供がなかった伯母は将来困らないようにと叔父一家と養子縁組をしたりとそれなりの終活をしていたにも関わらず混乱がおこりました。

モノへの執着が残された家族の負担にもなってしまいました。

 

今回の件を通して、モノへの執着を捨てて、権利関係を確認して整理しておいたほうがいいなぁと切実に感じました。

 

子供の頃、伯母から養女の誘いを受けていました。

資産家のはずですが、本当のところはわかりません。

受けていたら、今頃・・・と思うとぞっとします。

 

それでなくても、ことあるごとに「お姉ちゃんばかりずるい」と言っている妹がいる我が家はどうなることやら・・・。

他家をみて備えるという考えは父にはないようです。

そうなった時の対策を考えておかなくては・・・。

 

 

 

 

 

もうマイカーはいらないと思ったわけ

f:id:kokoronote:20190523163521j:plain


 

齢80才の父は免許返納をいまだに断固拒否しています。

運転させたくない一心でマイカーを手離しました。

頃合いを見てまたマイカーを持とうと思っていましたが・・・。

 

 

 

 

我が家のマイカー事情

車道楽の父が所有していたのは、軽自動車とオープンカーでした。

わたしも父の車を使用していました。

父には、何度も免許返納の説得をしましたが、応じないので半ば強引に2台の車を処分しました。

 

結果、自営業の夫の社用車が1台だけが残りました。

平日の昼間は車のない暮らしになりました。

 

 

イカーのない日々

最寄りの駅までは徒歩7分、バス停までは2分、日々の暮らしは公共交通機関で十分です。

イカーがなくなってからは、まとめ買いは夫の休日に、その他どうしても車が必要な場合はタクシーを利用しています。

 

維持費(自動車税・保険料・車検代など)2台分の節約になりました。

 

特別に不便を感じることなく1年が経過しました。

 

 

レンタカー

旅先や地方の親せき宅を訪れる時は、レンタカーを利用しています。

GWも在来線は1時間半に1本程度しかない親戚の法事に行くために、レンタカーを使うことになりました。

お得なプランを検索して、カーシェクラブに入会することにしました。

 

タイムズカーレンタル !登録は無料!タイムズクラブ会員で【最大25%OFF】

 

入会のきっかけは法事でしたが、ステーションが徒歩圏内にあり、デイリーでも利用できることも加入のポイントでした。

早速、娘の家まで行ってきました。

 

 

まとめ

イカーのない暮らしに慣れてはきたものの、時々感じる不便を解消するためにカーシェアクラブに入会しました。

車への未練がまだまだ捨てきれない父がいるので、しばらくマイカーは持てそうにありません。これが解消されたときにわたしはいったい何才になっているのでしょうか?

もうそろそろ運転を控えたほうがいい年齢になっているかもしれません。

必要な時だけシェアするシステムがあっているのかもしれません。

維持費もかかるしマイカーはもういいかなぁと思いました。

 

運転の楽しさを時々味わっています。

 

 

 

www.kokoronote.net

 

 

www.kokoronote.net

www.kokoronote.net

 

 

www.kokoronote.net

 

 

 

 

 

無口な夫のウソ

f:id:kokoronote:20190521065924j:image

 

夫は超のつく無口です。

 

わたしの友達から

「旦那さんの声、聞いたことがない。」言われるほどです。

 

 

少し面倒な関係の人へお礼の電話なくてはいけないことになりました。

会話の途中でオーバーに驚いた様子で話していました。

 

どんな展開の話になったのかと少し心配に思いながら様子を窺っていました。

 

電話を切った後......

「面倒だからとぼけておいた。」

意外な発言でした。

 

40年近く見ているけど

時々、新たな顔を見せる。

今回は、営業おとぼけトーク

へぇ〜、澄ました顔してこんなウソがつける人だったんだ。

 

無口な夫の意外な一面を見ました。

 

気をつけなきゃ。

 

引越にも活用、日々の断捨離

 

f:id:kokoronote:20190516063746j:plain

 

 

転勤族と結婚した娘、出産で里帰り中に娘婿に転勤の辞令が出ました。

 

 

 

 

出産と転勤

里帰り出産した娘は、里帰りを終えたら娘婿の赴任先の九州に戻るはずでした。

出産の直前に異動らしいことがわかり、正式な辞令が出て異動先がわかったのは出産直後でした。

出産直後で動けない娘に、娘婿の着任の日程が容赦なく迫ります。

九州の荷造りを娘婿に任せて、東京での新居探しは後回し、とりあえず我が家に仮住まいということになりました。

 

「住所不定無職の母子です!」と笑いながら話していましたが、授乳をしながら「私たちのお家はどこになるの?」と赤ちゃんに話しかける娘の姿に言葉がありませんでした。

 

 

新居探し

娘は授乳の合間にネットで新居の情報収集の毎日。

社宅が空いたと連絡が入り内覧へ、閑静すぎて不便を理由に一度は断ろうとしましたが、結局社宅への入居が決まりました。

 

 

断捨離の要領を引越に活用

新居へ荷物が届いたのはGW

娘婿のご両親も駆けつけて、両家での開梱作業となりました。

 

産前産後あわせて4ヶ月の里帰りで荷物が増えて、里帰りの終わりは引越並みになりました。

この荷物の開梱は娘と二人ですることになりました。

娘は授乳しながらの作業、結局ほぼわたし一人の作業となりました。

そこで役に立ったのが、日々の断捨離の要領でした。

後で電話で聞かれても収納場所が答えられるようにカテゴリー別に仕分けして、使用頻度に合わせて収納しました。

 

 

まとめ

片付けが苦手な母娘です。

50代になってから加速した断捨離の要領が娘に引越の手伝いにも活用できました。

 

娘婿の転勤は今回が2回目ですが、辞令から着任までのスケジュールがタイトすぎて、転勤族は大変だとつくづく実感しました。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村